カテゴリ:レトロ建築( 12 )

興雲閣

b0299042_11261743.jpg

興雲閣。  島根県松江市殿町1-59 明治36年(1903年)建築。 設計:泉利三郎   明治天皇行幸の際の御宿所として建設されました。 入母屋造りの瓦屋根にコロネードの回廊、擬洋風建築で、洋風スタイルの中に和の要素が織り込まれた建物です。

b0299042_11262215.jpg


b0299042_11262872.jpg


b0299042_11263279.jpg


b0299042_11263746.jpg


b0299042_11264407.jpg

二階の回廊。

b0299042_11265427.jpg


b0299042_11265960.jpg

ポーチ上にある応接室兼拝謁所、現在は憩いの室になっています。


b0299042_11270360.jpg

階段と踊場。

b0299042_11270840.jpg


b0299042_11271355.jpg


b0299042_11271972.jpg


b0299042_11272494.jpg


b0299042_11273092.jpg


b0299042_11273552.jpg


b0299042_11274168.jpg


b0299042_11274803.jpg


b0299042_11275666.jpg


b0299042_11280148.jpg



ランキングに参加しています。宜しかったら応援のポチお願いします。

コンデジ写真 ブログランキングへ

デジタルカメラ ブログランキングへ

にほんブログ村

by sazaneri873 | 2017-10-23 00:01 | レトロ建築 | Comments(0)

道後温泉

b0299042_20014339.jpg

道後温泉。  松山市道後湯之町5‐6  明治27年(1894年)建築。 設計:坂本又八郎。 木造3階建、塔屋付。 伝統的な純和風の楼閣建築。 現在は「道後温泉本館」となって新しく「道後温泉別館」も建設されています。  撮影:2011年1月。

b0299042_20015494.jpg


b0299042_20020372.jpg

振鷺閣(しんろかく)  白鷺が傷を癒したのが温泉で、白鷺が温泉を発見したという伝説があり屋上には白鷺がいます。

b0299042_20020959.jpg

振鷺閣  窓のギヤマンをはめた障子が綺麗です。 格天井の中央から吊るされた太鼓は時を告げる「刻太鼓」として朝・昼・夕方に鳴らされています。 刻太鼓の音は日本の音風景100選に選定されています。

b0299042_20021990.jpg

又新殿(ゆうしんでん)  明治32年(1899年)建築。 桃山時代風様式。 皇室専用の湯殿。

b0299042_20022444.jpg


b0299042_20023730.jpg


b0299042_20024688.jpg


b0299042_20030203.jpg


b0299042_20031271.jpg


b0299042_20032296.jpg

からくり時計。

b0299042_20033513.jpg

からくり時計。


ランキングに参加しています。宜しかったら応援のポチお願いします。

コンデジ写真 ブログランキングへ

デジタルカメラ ブログランキングへ

にほんブログ村

by sazaneri873 | 2017-10-02 00:01 | レトロ建築 | Comments(6)

萬翠荘

b0299042_10234589.jpg

萬翠荘(国重要文化財)。 愛媛県松山市一番町3-3-7  大正11年建築。 設計:木子 七郎(きご しちろう) 旧松山藩主の子孫、久松定謨(ひさまつ さだこと)伯爵が別荘として建てた純フランス風の洋館です。 テラスのある正面玄関の入口を入ると階段の正面には美しいステンドグラスがあり部屋には豪華なシャンデリアやマントルピースなどもあり当時の華やかさがうかがえる建物です。  撮影:2011年1月下旬。
 
b0299042_10235395.jpg

ネオルネッサンスと呼ばれる格調高い様式で、左右非対称で構成されています。

b0299042_10240652.jpg

車寄せと玄関ホールの柱の頂部には、コリント式のギリシャ建築に由来の飾りが施されています。

b0299042_10241539.jpg

避雷針の先端には、松山藩の大判・小判が使われ工夫されている。

b0299042_10242110.jpg

屋根の頂部には銅板、その下の急勾配は天然スレート葺。

b0299042_10243002.jpg


b0299042_10252817.jpg

どの角度から見てもあまりにも美しい建物です。

b0299042_10253528.jpg


b0299042_10254447.jpg

階段正面のステンドグラスはそれぞれのガラスの色彩は単一ではなくグラデーションのステンドグラスで帆船や海原が描かれています。 平成22年に、旧島津邸、大阪中央公会堂などのステンドグラスを手掛けた木内真太郎氏の作品であることが判明しました。

b0299042_10255945.jpg


b0299042_10260514.jpg

障子のような格子が施されたステンドグラス。

b0299042_10261144.jpg


b0299042_10261726.jpg


b0299042_10312987.jpg

萬翠荘の門を入った所の旧管理人舎(国重要文化財・平成23年に指定)

b0299042_10313638.jpg

坂の上の雲ミュージアムから見た萬翠荘。


ランキングに参加しています。宜しかったら応援のポチお願いします。

コンデジ写真 ブログランキングへ

デジタルカメラ ブログランキングへ

にほんブログ村

by sazaneri873 | 2017-09-30 00:01 | レトロ建築 | Comments(2)

坂の上の雲のミュージアム

b0299042_09041409.jpg

坂の上の雲ミュージアム。 松山市一番町3-20  坂の上の雲ミュージアムは安藤忠雄建築研究所が設計した建物です。大胆な三角形の形状の建物です。 ガラス窓には空の青と緑が映り込んで綺麗です。 展示のフロアは2階から4階で中央のスロープとライブラリーからの眺めが印象的でした。  撮影:2011年1月下旬。

b0299042_09042224.jpg


b0299042_09043633.jpg


b0299042_09045221.jpg


b0299042_09062614.jpg


b0299042_09063263.jpg


b0299042_09063714.jpg

壁一面に当時の新聞掲載「坂の上の雲」の記事が展示してあります。

b0299042_09064412.jpg


b0299042_09064975.jpg


b0299042_09065439.jpg


b0299042_09070104.jpg

ライブラリーからの眺めがすてき♪ 小説『坂の上の雲』や明治時代に関する書籍などをを閲覧できます。 窓からは萬翠荘が見えます。 この後、萬翠荘に行きました。


ランキングに参加しています。宜しかったら応援のポチお願いします。

コンデジ写真 ブログランキングへ

デジタルカメラ ブログランキングへ

にほんブログ村

by sazaneri873 | 2017-09-29 00:01 | レトロ建築 | Comments(6)

六華苑

b0299042_23071872.jpg

三重県桑名市桑名663-5   六華苑 (旧諸戸清六邸)   大正2年(1913年)建築。  設計:(洋館)ジョサイア・コンドル   ヴィィクトリア朝住宅を基調とした洋館で、4階建ての塔屋と庭園に面して張り出したベランダや2階のサンルームがあり、各部屋には素敵な暖炉がありました。 庭園は池泉式回遊庭園で池越しに見る和洋館の景観もいいです。  撮影:2011年2月。

b0299042_23072670.jpg


b0299042_23073023.jpg


b0299042_23074271.jpg


b0299042_23074728.jpg


b0299042_23075346.jpg

庭からの眺め。

b0299042_23075888.jpg


b0299042_23080353.jpg


b0299042_23080817.jpg


b0299042_23081452.jpg


b0299042_23082056.jpg

2階サンルーム。

b0299042_23082627.jpg


b0299042_23083219.jpg


b0299042_23083864.jpg

暖炉。

b0299042_23084638.jpg



ランキングに参加しています。宜しかったら応援のポチお願いします。

コンデジ写真 ブログランキングへ

デジタルカメラ ブログランキングへ

にほんブログ村

by sazaneri873 | 2017-09-27 00:01 | レトロ建築 | Comments(6)

片倉館・千人風呂

b0299042_08412714.jpg

片倉館(国重要文化財)  長野県諏訪市湖岸通り4-1-9。 昭和3年(1928)竣工。 設計:森山松之助。 温泉浴場棟:鉄筋コンクリート2階建て、会館棟:2階建て木造洋風建築。 「片倉館 千人風呂は片倉財閥が地域住民に厚生と社交の場を提供するために竣工し、諏訪湖畔の天然温泉の浴場施設です。  撮影:2015年5月。

b0299042_08413230.jpg


b0299042_08413634.jpg


b0299042_08414066.jpg

会館棟。

b0299042_08414510.jpg

駐車場からの眺め。

b0299042_08414957.jpg


b0299042_08415784.jpg


b0299042_08420275.jpg


b0299042_08420928.jpg


b0299042_08421468.jpg


b0299042_08421953.jpg

前には諏訪湖が広がります。


ランキングに参加しています。宜しかったら応援のポチお願いします。

コンデジ写真 ブログランキングへ

デジタルカメラ ブログランキングへ

にほんブログ村

by sazaneri873 | 2017-09-25 00:01 | レトロ建築 | Comments(4)

旧開智学校

b0299042_08234110.jpg

旧開智学校 (重要文化財)  長野県松本市開智2-4-12    明治9年(1876)竣工。 設計:立石清重。 擬洋風建築校舎は東西南北の風見を配した八角塔がそびえ立ち、舶来のギヤマン(ガラス)が散りばめられた白亜の建物です。 廃仏毀釈で廃寺となった建物を利用して学校へと姿を変えました。 撮影:2015年5月。

b0299042_08234642.jpg

八角塔と風見。

b0299042_08235216.jpg


b0299042_08235779.jpg

寺の部材が使われている彫刻の付いた桟唐戸。

b0299042_08240533.jpg


b0299042_08241094.jpg

懐かしい木の机と椅子の教室。

b0299042_08243074.jpg


b0299042_08241688.jpg

天井のシャンデリア取り付けの彫刻や窓のステンドグラスが素敵です。

b0299042_08242168.jpg


b0299042_08242661.jpg

八角塔屋は明治初期建築の西洋建築のシンボルで、大きな鐘がぶら下がっています。その鐘で授業の始まりを知らせていました。

b0299042_08243547.jpg

豪華なシャンデリアが付いています。

b0299042_08243926.jpg


b0299042_08244443.jpg

開智学校の工事費の内、7割は松本町民が寄付しています。~文明開化の息吹と、教育にかけた人々の熱意が伝わる旧開智学校校舎です。


ランキングに参加しています。宜しかったら応援のポチお願いします。

コンデジ写真 ブログランキングへ

デジタルカメラ ブログランキングへ

にほんブログ村

by sazaneri873 | 2017-09-22 00:01 | レトロ建築 | Comments(10)

松本市旧司祭館

b0299042_08124769.jpg

松本市旧司祭館。  長野県松本市開智2-6-24   明治22年(1889)竣工。  設計:クレマン牧師。 下見板張りの木造2階建て。 各階にベランダが付あり、室内にはマントルピース、屋根には煙突があります。 撮影:2015年5月。

b0299042_08125399.jpg


b0299042_08125813.jpg


b0299042_08130350.jpg


b0299042_08130866.jpg


b0299042_08131492.jpg


b0299042_08132056.jpg


b0299042_08132531.jpg



ランキングに参加しています。宜しかったら応援のポチお願いします。

コンデジ写真 ブログランキングへ

デジタルカメラ ブログランキングへ

にほんブログ村

by sazaneri873 | 2017-09-20 00:01 | レトロ建築 | Comments(6)

旧制松本高等学校

b0299042_08031345.jpg

旧制松本高等学校 (重要文化財)  長野県松本市県3-1-1   大正9年(1920)竣工(本館)、大正11年(1922)竣工(講堂)  設計:文部省大臣官房建築課。 外観は下見板張に窓廻りの化粧材を連続させて現し、玄関2階の三連窓、上部には駒形破風を載せて装飾。 本館は現在、「あがたの森文化会館」として活用されています。  撮影:2015年5月

b0299042_08031804.jpg


b0299042_08032306.jpg


b0299042_08032868.jpg


b0299042_08033249.jpg


b0299042_08033878.jpg


b0299042_08034431.jpg


b0299042_08034993.jpg


b0299042_08035438.jpg


b0299042_08035826.jpg


b0299042_08040337.jpg

「あがたの森公園」

b0299042_08040873.jpg



ランキングに参加しています。宜しかったら応援のポチお願いします。

コンデジ写真 ブログランキングへ

デジタルカメラ ブログランキングへ

にほんブログ村

by sazaneri873 | 2017-09-18 00:01 | レトロ建築 | Comments(5)

泉布観

b0299042_07124888.jpg

2010年一般公開時の泉布観です。 大阪市北区天満橋1-1-1  泉布観 (国の重要文化財)  明治4(1871年)建築。  設計:トーマス・ジェームス・ウォートルス。 煉瓦造り2階建。  造幣寮(現在の造幣局)の応接所として建てられた現存する日本最古の洋風建築です。 明治5年明治天皇が行幸の際、「泉布」は「貨幣」、「観」は「館」を意味する「泉布観」と天皇自身により命名されました。 

b0299042_07125510.jpg

一階二階ともに建物の三方の外周にトスカナ式の花崗岩の柱を並べた広いベランダを持つコロニアル様式です。

b0299042_07130065.jpg

玄関入口の照明  一階廊下 照明器具   ガス燈時代のものを、電灯に変わった現在も使用されています。

b0299042_07133442.jpg

一階北東室暖炉。

b0299042_07134758.jpg

一階北東室暖炉(グリフォン)   暖炉下の左右にはグリフォンの姿をかたどった装飾が施されています。

b0299042_07135349.jpg

壁の照明  二階北東室照明器具  当時としては珍しかった壁付灯です。 現在はこの部屋のみ残されています。

b0299042_07135833.jpg

二階廊下。

b0299042_07140319.jpg

二階のベランダ  扉の淡いモスグリーンとベランダの手すりはピンクが分からないほどの薄い色、当時の色になるべく近づけているそうです。 扉を開けるとヴェランダに出入りできるように床面が立ちあがっているフランス窓になっています。

b0299042_07140970.jpg

二階の広いベランダ  前には大川が見える眺めの良いベランダです。

b0299042_07141596.jpg

二階北西室  暖炉まわりには輸入品のタイルが用いられています。 床の一松模様はペンキで描いたもので、タイルが高価であった当時、タイルへの憧れからだそうです。


b0299042_07142091.jpg

二階北西室 暖炉タイル  暖炉まわりに施されたタイル  花鳥魚などが描かれた綺麗なタイルです。

b0299042_07142698.jpg

暖炉タイル。

b0299042_07143201.jpg

一階南室  泉布観で一番広い部屋。 この部屋の柱のみ杉材で漆喰塗。

b0299042_07143713.jpg

人頭の照明  ガス燈時代の照明器具で人頭が装飾されています。

b0299042_07144351.jpg

階段。

b0299042_07144947.jpg

一階南室の暖炉  暖炉も部屋ごとに意匠が違います。

b0299042_07150676.jpg

シャンデリア。  部屋ごとに暖炉・照明器具・壁・床の意匠が違い、照明器具と暖炉の凝った意匠など見どころ一杯の素晴らしい建築でした。    
   

ランキングに参加しています。宜しかったら応援のポチお願いします。

コンデジ写真 ブログランキングへ

デジタルカメラ ブログランキングへ

にほんブログ村

by sazaneri873 | 2017-08-22 00:01 | レトロ建築 | Comments(6)